財産相続できる人


人が亡くなった場合、その人名義の財産は家族が相続することになります。しかし、この遺産を受け継ぐことができる家族の範囲は、遺言書などがある特別な場合を除いては、民法で定められています。民法では、故人から見て、配偶者と血のつながりがある家族や親族に財産を分配するように定められており、その分配の割合や順番も細かく決められています。故人に配偶者や子どもがいる場合は、配偶者が遺産の2分の1を受け継ぎ、残りを子どもで平等に分配されます。子どもが2人であれば、全体の4分の1をそれぞれが受け継ぐことになります。故人が未婚で配偶者や子どもがいない場合は、親や祖父母の直系の血縁関係者に順番がうつります。親や祖父母が既に亡くなっている場合は、故人の兄弟姉妹に権利がうつり、その兄弟も亡くなっているときはその子どもである故人の甥や姪が受け継ぐことになっています。血縁関係者が誰もいない場合は、最終的に国庫に帰属することになります。内縁関係の妻や夫には、遺産を受け継ぐ権利はありませんが、ほかに遺産を受け継ぐ家族や親戚がいない場合は特別縁故者として、財産を受け継ぐことできます。ただし、生計を故人と一緒にしていたことや故人の介護などを長期にわたり行っていたなどの事実がないと認められません。

コメントは受け付けていません。