失明の危険性はどのくらい?最近では、レーシック手術も多くの方が受けるようになっています。

失明の危険性はどのくらい?

最近では、レーシック手術も多くの方が受けるようになっています。

失明の危険性はどのくらい?

最近では、レーシック手術も多くの方が受けるようになっています。

しかしながら、失明の危険性があるのかどうかということについて、心配する方も少なくはありません。

目は身体においてデリケートな部分であり、手術になじみにくい部分ではないのかといった疑問があるほか、直接眼球にメスを入れることが信じられないという意見も見られます。

目は大切なものですから、取り返しがつかないことになっては後悔しきれないという心配から手術に踏み切ることができないという方も少なくありません。

実際には、まず手術を行うことによって本当に失明してしまう危険はほとんどないということができます。

もちろん手術に関して何が起こるのかがわからないといえばそうですが、それはほかの内科、外科手術においても何も変わるところはありません。 医療事故として日本で失明があったという症例は一件もありません。

ただ、確かにレーシック手術は最近になってきて確立された技術です。 一般的に普及してからの歴史も浅いため、もう少し手術後の結果データや研究を重ねる必要もあります。 評価についても、将来を待たなければならないというところはあります。

それでも現在では、それほどリスクが高い手術ではないものであると評価されていますから、懸念から避ける必要があるというものでもありません。

情報を収集し、実績のある病院や手術スキルに定評のある先生が在籍している病院を選ぶことがポイントとなります。

手術後の保護

メガネレーシックの手術を受けた後には、保護メガネをかける必要があります。

メガネをかけなくても済むように手術を受けたにもかかわらずメガネを装着しなければならないという状況になるのですが、保護メガネには大切な役割があるのです。

その目的はホコリ、ゴミ、風、風に乗って飛んでくる花粉などが目に入らないようにすることです。 そのため、一般的なメガネとは違って目の全体を覆うようなものになっています。

見た目が良くないため、できればかけたくないという声も少なくありません。

しかしながら、手術をしたばかりの角膜にホコリや花粉などが入ってくると、感染したり傷つくといった症状が起こる恐れもあるのです。

レーシックの手術を受けたばかりの角膜はデリケートであるということ覚えておき、医師の指導のもとでしっかりと保護メガネによって目を保護する必要があります。

医師の指示内容にもよりますが、だいたい手術後の1週間ほどにわたって使用します。

外に出るときは異物の目に入る可能性が高く、特に必須のものとなります。念のために、部屋の中でもかけておくと安心です。

たとえば、子どもが急に目のあたりに手を伸ばしてくるかもしれません。

何があるかわかりませんので、いつもつけておくと安心することができるというわけです。

いつもつけておくということで、当然寝るときもつけておくことが推奨されます。

ただ、保護メガネをかけると寝つきにくいという場合もありますので、保護用のレンズとテープを使って目を保護するということもあります。