財産相続は相続人がいるかいないかでかなり違う

テクスチャー07人が亡くなった後に残された財産相続は、相続人がいるかどうかでかなり違ってきます。まず、相続人は亡くなった人の配偶者と故人を中心とした血縁関係者が民法上で財産を相続できます。血縁関係者でも相続人になれる場合となれない場合があり、さまざまなパターンがあります。たとえば、故人の子供がいる生存している場合は、その孫には相続することができませんが、子どもが既に亡くなっている場合は代襲相続人として孫が相続することが可能です。配偶者や子ども、両親が亡くなっている場合は、故人の兄弟姉妹が相続人になります。そして、兄弟姉妹が既に亡くなっている場合は、その子どもである姪や甥が代襲相続人になり、遺産を受け継ぐことになります。遺産を残した人の配偶者や相続権をもっている血縁関係者が既に亡くなっており、相続人がいない場合は、遺産は国庫に帰属することになります。血縁関係者の相続人が誰もいない場合は、内縁関係であった妻や夫、故人を生前介護するなどして深い付き合いがあった人が特別縁故者として、相続人として認められることがあります。血縁関係者は、故人との生前の付き合いの深さなどはまったく関係なく相続人になれますが、特別縁故者は付き合いの深さが重視されます。